KODAK

コダック

1880年 George Eastmanがニューヨークで乾板製造業者としてスタート。
カメラ用フィルムの開発に力を入れ市場拡大していく。
シグネットアーモライト社(アメリカ)と手を組み、偏光レンズ開発に力を入れる。
偏光レンズやカーブレンズの種類が豊富にそろうメーカー。
認知度は世界トップクラス。
1888年 それまでカメラは複雑で面倒な工程が必要なものだったが、
簡易カメラを発売し、世界に広まった。
2001年 社名を冠したKodak Theatre〔現 Dolby Theatre〕(ロサンゼルス)オープン。