RAY-BAN

レイバン

1926年 Bausch & Lomb Optical Company(1863)がアメリカ空軍の依頼を受け「アヴィエーター」を開発し、1937年にRay-Ban(光を遮断する)とブランド名を付けて一般発売開始。
G-15というレンズカラーは別名Ray-Banカラーとも呼ばれ、レンズメーカーにおいて共通認識となっている。人気は徐々に高まり、映画やファッションに大きな影響を与える。

1950年代 ウェイファーラー発売。
1980年代 クラブマスター発売。